問題のあるギャンブラー、強迫的なギャンブラー、又はギャンブル依存症に陥っている方は、ギャンブルをやめたいと思わず、悲惨な結果を軽視してギャンブルを続けなければいけないと駆られる状態にある、と定義されます。さらに、問題のあるギャンブラーは、失業、借金、詐欺、犯罪、家族とのつながりの問題などを引き起こし、非常に大きなダメージを与える可能性があります。

また、強迫的なギャンブラーには、以下のような兆候や症状が現れます。

  • – ギャンブルを中断する又はプレイ時間を減らそうとすると、怒ったり心配になったりする。
  • – もっとギャンブルで遊ぶために、ローンを組んだりお金を盗んだりする。
  • – 過去の負けを取り返すために、より大きな金額を賭ける。
  • – ゲームに費やした金額を偽る。
  • – ギャンブルの結果、人間関係、仕事又はその他の見通しを失う。
  • – さらに没頭するために、より多くの金額を賭ける。

他方、現役の歯科医師の職業は、ストレスが多く、健康を害する可能性があるようです。40歳未満の歯科医師は、高齢の歯科医師に比べて、仕事に関連した健康問題の影響を不均衡に大きく受けてしまいがだとわかっています。彼らは、職場環境をコントロールできていると感じていない可能性が高く、うつ病のスコアも高く、アルコール依存症を発症する可能性も高かったのです。そのため、若手の歯科医師は、ストレスに対処し、幸せな精神状態を維持する能力を高めるために、さらなる支援や指導を受けるとよいでしょう。

また、男女ともに約半数の歯科医師が、自分の問題は自分で解決すべきだと思うので、専門家の助けを求めるのは難しい、と回答しました。このような回答をした歯科医師は、仕事に支障をきたすほどの慢性的な痛みを抱えていたり、検査や治療を受けていない難聴を抱えていたり、うつ病の診断を受けていないにもかかわらず、うつ病マーカーのスコアが高かったりする傾向にありました。

そして、女性歯科医師は、男性歯科医師と比べて、仕事が健康や福祉に不均衡な影響を与えていることが判明しました。女性歯科医師は、男性歯科医師よりも、自宅で適量以上の仕事をしている人が多く、自宅での日常的なストレスが大きいことがわかりました。

この通り、医療従事者は、一般の人と同じように依存症になりやすいです。若手医師の場合、中毒性のある薬物を入手しやすいので、なおさらでしょう。歯科医師の依存症は、職業遂行能力に大きな影響を与える可能性があるため、歯科医師のセラピーは、彼らのキャリアや健康と幸福にとって非常に重要となっています。

多くの歯科医師は、高度な機能を持つ依存症患者と考えられているため、彼らのギャンブル依存症を認識するのは難しいかもしれません。つまり、誰にも気づかれずに、仕事、プライベート、物質依存症を長く続けることができるのです。

以下は、依存症の代表的な兆候の一部です。

  • – 監視の目が行き届かない夜勤を好む。
  • – 仕事中やシフトの途中で居眠りをする。
  • – シフトの延長や残業が不安である。
  • – アルコール臭がしたり、ブレスミントやマウスウォッシュを過剰に使用したりする。
  • – 経済的なストレス、人間関係のストレス、家族関係のストレスが極端に大きい。
  • – カルテの不備や、事務処理上のミスが多い。

結論としては、医師免許を持っているからといって、決して依存症に陥らないわけではありません。医師もまた、普通の人間なのですから、日頃からバランスの取れた食事、十分な睡眠、健康的なライフスタイルを心がけ、自分の体と心にも気を使うようにしましょう。